完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!業務用エアコンを最大5社から一括見積。一括見積もりスタート

業務用エアコンの異音の正体一覧【カタカタ・キュルキュル等】

業務用エアコン一括見積もり お問い合わせの流れ

お問い合わせの流れ
お問い合わせの流れ

業務用エアコン一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

業務用エアコンログの堀田です。

今回は業務用エアコンから出る異音について解説をしていきます。

 

 

 

①業務用エアコンで自分で改善が出来る異音の種類
②業務用エアコンで構造上鳴ってしまう事があるが、異常じゃない異音の種類
③業務用エアコンで修理してもらわなければいけない異音の種類

 

 

 

①業務用エアコンで自分で改善が出来る音の種類

 

「サー・フー」という異音

単純に送風している時の音です。
もし一定ではないこの様な音がしたら、フィルターの掃除をすればほとんど治ります。

 

「ゴー」という異音

これは冷媒ガスが循環している時の音です。
主に経年劣化したエアコンに多く見られる現象です。新品では起こりにくいです。
また、換気をしている時にこの様な音がでます。

 

「ポコポコ」という異音

こちらは部屋の内と外との空気があまり入って来ない環境で起こります。
室内機本体で上手く結露した水が流れない時にこの様な音がなります

 

「カタカタ」という異音

こちらは室内機の何かが正常に取り付けられていない時に鳴る音です。
例えば、フィルターやダストボックス等です。内部に異物が入っている可能性があります。

程度によりますが、フィルターを外して軽く掃除すれば治る事が多いです。
また、「③業務用エアコンで修理してもらわなければいけない異音の種類」に記載しますが、
カタカタとガタガタの堺が曖昧な場合もありますので、素人ではどうにか出来ない場合もあります

 

 

 

②業務用エアコンで構造上鳴ってしまう事があるが、異常じゃない異音の種類

 

「シュシュッー・パチ」という異音

高性能なエアコンについている機能で、フィルターの塵や埃を取り除き、
清潔な風を送る為この様な音が鳴る事があります。

 

「キュルキュル・シュルシュル」という異音

水が流れるような異音がする事があります。
これは冷媒ガスが循環している時に発生する音で、問題はありません。

また、似た音でファンに異常があった場合もこの様な音が出ます。
感覚的に流動している音であれば冷媒ガスですが、とどまっているような音でしたら、
ファンが原因の可能性もあります。

 

「プシュー・シュー」という異音

冬場に良く起こる音で、室外機に霜が付くと設定通りの風を送風出来ないため、
霜を溶かす作業が必要になります。

このプシューという音は霜を取っている時の音です。
冬場に中々暖かい風が来ないのはこの為です。

 

「ピキ・パシ・ミシ」という異音

エアコンを付けた際に何かが軋んだ音がする事があります。
これはエアコンのプラスティックの部品が膨張や収縮をする時の音です。
エアコンという性質上、素材でどうしても起きてしまう音です。

 

 

 

③業務用エアコンで修理してもらわなければいけない異音の種類

 

「ウォンウォン」という異音

これはモーターに異常がある場合に起きやすい異音です。
モーターを修理しないと、消えません。
簡単なクリーニングで消えたという報告もあります。

 

「ガタガタ・カタカタ」という異音

異音中でもこちらの音を気にされて検索をされる方が多いです。

主に室内機が揺れる程の異音で、送風ファン(シロッコファン)周りに異常があるとこの様な現状が起きます
故障や欠損だけでなく、塵が付着してもバランスを崩してこの様な事になる可能性もあります。
また、室内機のべアリング(軸受)が故障しても同じ様な音がする場合もあります。

 

 

 

関連記事

 

 

一括見積もりスタート